N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

たまには爽快なドライブで夏のアートシーンめぐり

 昼すぎに札幌の元気なアートシーンめぐりに出かけた。
 昨日、映画監督の早川渉さんらと市役所で札幌市文化芸術基本計画の骨子を練った際に、わたしは民間のすばらしい仕事ぶりを取りあげようと再提案した。しかし、このことは簡単ではない。文化関係者は札幌にもたくさんいるけれど、自身が関わっている分野以外に関心を寄せる方はけっして多いといえないからだ。

 今日の最初で最大の目的は「小別沢クラフトマーケット2013」。宮の森から(昔はときどき幽霊が出たが今はほとんど出ないと聞く)トンネルをこえてしばらく下ると、手づくりの旗が呼んでいた。右折してすぐ現れた会場は木工・家具づくりのトップランナー高橋三太郎さんの仕事場だった。
 すばらしいロケーション、会場で、優れた作品にふれられるのは出かけた人だけのもの。出品した作家は旧知の木工クラフト作家中井吹雪さん、新谷希さんほか、陶芸、金工・ガラスなど計8名。ゆっくりご覧になることをお薦めします。7月28日(日)まで(11:00~17:00)。

 ついで発寒川をぐるっと回って円山のギャラリーRetaraへ。こちらは、1990年ごろの丸井今井デパートのカレンダーを展示して、もはやアーカイブとなった北海道のアーティストの仕事を一覧する仕組み。砂沢ビッキや杉山留美子さんなど亡くなった作家もいる。原画が保存されていれば宝の山だが、どうなんだろう。ギャラリーオーナーの吉田茂さんとギャラリートークをされた北村清彦さんに会ったら聞いてみよう。

 さて、六花亭で季節限定(8/15まで)のみずみずしい水ようかん(@350)をドドドドッと買い占め、双子山の郵便局で山岳保険の保険料をしっかり振込み、ギャラリー門馬ANNEXに立ち寄って奥に進むと、あのいつも気持ちいいテラスの下で、なんと「シャボン玉自動発生装置」が稼働しているではないですか(写真の手前でのぞいているのは金属彫刻家の浅井忠さん)。手持ちのコンパクトカメラではとても映像にできないがシャボン玉が大きくてしっかりしているのは、特別のレシピによるものとか。若手建築家、やるじゃないですか。
 このシャボン玉は「UN40〜40歳以下の北海道の建築家による建築以外の表現展」の出品作のひとつ。8月4日(日)まで(11:00~19:00)。

 三太郎さんとも話したことだけど、美術、演劇、音楽といったファインアーツの枠のなかだけで札幌の文化芸術を語るのはつまらない。建築、家具、デザイン、クラフト、映画、文芸、漫画、アニメetc. わたしたちが暮らす札幌と北海道には楽しくて美しくて産業の一員でもある「アーツ」がしっかり根付こうとしている。
 文化芸術を語ることは人生を語ることにほとんど等しい。
 わたしが考える札幌のアーツセンターは、だから人生のように深くて広い。 

 あしたは何して遊ぼうか。
a0248862_22151195.jpg
a0248862_22153091.jpg
a0248862_22155524.jpg
a0248862_22162567.jpg
a0248862_22164720.jpg

# by waimo-dada | 2013-07-26 22:22 | アートな日々

岩遊び、歴史探訪、船遊び

 北海道らしい夏が続きます。そうなると体とココロが夏になりたくて、小樽赤岩(あかいわ)で岩遊びをしました。大学山岳部以来の3人が登ったのは中赤岩の2ピッチ。乾いた空気のなか、きれいな海を下に見ながら全身と気力を使うと、体とココロがだんだんハイになっていきます。登っているときはもちろんですが、仲間を上で確保しているときも気が入ります。
 「ザイル張って!」
 「ザイルダウン!」
 「ザイルアップ!」
 “安全第一と心のゆくまま”をあんばいしながら昼に切り上げ、テーブル岩稜でランチ。この日の小樽の最高気温は24.1℃でした。

 快適な自然歩道を祝津に降りて「茨木家中出張(なかでばり)番屋」を見学。市民ガイドさんが親切に案内してくださいました。風格あふれるモッコがありました。
 マリーナ食堂でホタテとツブを注文してビールで乾杯。宴会1回戦は午後3時。

 ゆるゆると防波堤の先に移動して観光船に。小樽港第3ふ頭までの数十分、海を渡ります。海水に手が届くような小さな船で海を行くのです。なんということはないのにうれしくなります。いつも隣町からの小さい旅なのに、ありがとう小樽。

 札幌の宴会に時間があったので大通のビアガーデンで乾杯。宴会2回戦は午後5時。
 宴会の本番、山仲間が集まる「つる」に行けば、旧知のニセコの雪崩対策リーダーS谷さんや80歳某のエベレスト登山を現地でサポートした国際山岳医のO城さんなども現れ、ココロの夏度が高まります。と、今日の宴会は3回戦となりました。

 ただゆるゆると遊んだのに、ふかーく夏に染まりました。
 あしたも夏。何して遊びましょう。
a0248862_12113335.jpg
a0248862_12115994.jpg
a0248862_12123618.jpg
a0248862_1213264.jpg
a0248862_12132531.jpg
a0248862_1214083.jpg
a0248862_12141925.jpg

# by waimo-dada | 2013-07-20 23:06 | 山と旅

東京は歩けば神社

 夏は祭り。祭りの主役は神社の神様。人間さまではない。
 東京にかぎらず町を歩くのが好きで、あちこち歩いて来たなかで、東京は別格の神社の町である。京都の、辻々の祠まであるのは西の別格というべきで、東京は東の別格ながら開発の圧力によく堪えてきた、という点で一種の凄みがある。同様なことは京都にもあったのだろうが、東京は大空襲の嵐を受けてのち再建する、再開発にあわせてモダンな神社を建設するといった、反圧力とか神社力といいたいものを見せつけるところが偉い。偉いなんていったら神様に怒られそうだが、神様の偉さを知っている江戸・東京の民が偉い。

 そのようなことをだんだん理解できるようになると、町歩きと神社との出会いがますます好きになる。
 神社の話をして怒る人はいないので、町で会った人に話しかけるきっかけにもなる。旅の人間にとってありがたい存在である。先日も、根津美術館を訪ねた帰りに寄った青山のイッセイ・ミヤケ(フォー・メン)の店で係のお姉さんと次の冬のオーバーコートの話をしてから真向かいにあるお稲荷さんの話になったおり、瞬間だがお爺さんとお婆さんがしみじみと語るようなあんばいがして楽しかった。
 「ずいぶん前からあるんです・・・」
 「ですねえ・・・」
 最先端のモードと街角のお稲荷さんがつながる地下水の水みちは、考える以上に太いのであった。

 最先端の建築と神社の関係もおもしろい。
 モダン神社の代表格である神楽坂の赤城神社は隈研吾の手になる。わたしの好きな根津美術館の設計者である。先日の根津美術館では前回訪問時の反省からジックリ歩くぞモードにしていたので、庭園の奥まで丹念に歩いた。そうしたら菅原さんが祀られていた。美術を愛する根津さんは学問学術もまた大切に考えていた。
 そんな奥行きのある美術館のアプローチに隈さんは竹林を配した。忙しい訪問者を訪なう客に変える、この国の伝統的な作庭の技法が美しい。町の騒々しい圧力をやんわりと押さえつけ、人の歩みを美術館モードに転換させる。ゆったりとわくわくが数秒でできあがる。
a0248862_2050431.jpg

 で、神楽坂の赤城神社の話。なんで神楽坂にあるのか。赤城神社は赤城山の山麓でしょ。かかる反応は神社に関する基本的認識が欠けているゆえに生じる。そもそも偉い神社は偉いのである。群馬県勢多郡宮城村(現前橋市)におわす赤城神社の神様のありがたいことに感銘した江戸の民が神楽坂に神様をお招きした。自然な話ではないか。そこにはわたしが生まれ育った勢多郡大胡(おおご)町を基盤とする豪族大胡氏が関わるのだが、神楽坂の赤城神社のサイトから縁起をご覧いただくことにして省く。

 と、勢いで希望的観測を書いたが、サイトの「御由緒」によると、「正安2年(1300年)、後伏見天皇の創祀に際して、群馬県赤城山麓の大胡の豪族であった大胡彦太郎重治が牛込に移住した時、本国の鎮守であった赤城神社の御分霊をお祀りしたのが始まり」となっている。しかし、大胡さんが南関東に移住する際にお連れ申しあげたというのが本当だとしても、お連れしようと決断した背景には赤城神社の祭神に対する並々ならぬ思いがあるわけで、やはり赤城神社の神様は偉いのである。いまは郷里を遠くはなれて北海道に住むが、本家筋に地縁でつながるわたしがかように断じることを、赤城神社の神様はきっとお許しになるにちがいない。
 神楽坂の赤城神社にはカフェもある。東京でもっともクールな神社のひとつである。

 東京は、歩けば神社がある。
 東京都写真美術館を訪ねた足で駅前を歩き、厚岸のカキとタコのガーリックライスを喰って店の外に出たら、すぐ近くに恵比寿神社があった。小振りながら鎮守の森つきで。なんともありがたいことである。小さなお子さんを連れたお母さんがお参りにきていた。
 また、銀座のど真ん中の資生堂裏の路地をたどればお稲荷さんを祀る祠がある。居具合がまことに見事であるのは、近隣の民のささやかな信仰をずっと集めてきたからだ。それもうれしくて、そっと手を合わせた。
 そんな町歩きがこれからも続く。
a0248862_049556.jpg
a0248862_0511275.jpg

a0248862_0564337.jpg
a0248862_057598.jpg
a0248862_057278.jpg

# by waimo-dada | 2013-07-13 00:53 | 山と旅

パブリックシアターで出会ったチラシたち

 2013年6月下旬に世田谷パブリックシアター(シアタートラム)で「父よ!」を観た。そのとき入手した芝居のチラシに良いものがあった。この場合の良いものとは、北海道演劇宣伝美術大賞(らてるね賞)の選考委員会に候補として提出する値打ちがある、レベルにあるというほどのものである。一言でいえば「訴える熱」がある。それらは、当然ながら訴える技術を持っている。訴求する熱と技術を持つものは、これも当然ながら幅広い表現、多様な表出となる。そうしたものに出会える喜びをわたしは知った。
 賞を始めたわたしがたぶん、一番楽しんでいる。

《謹告》 
 大変申しわけありませんが、2013年北海道演劇宣伝美術大賞(らてるね賞)の募集と選考を中止いたします。食道ガンを治療中の主宰者の入院が長引き、また状態が良くないため、賞選考の任に堪えられない可能性があるからです。
 チラシ作品を定期的に送付いただいている劇場の皆様にはこれまでのご協力を厚く感謝申しあげるとともに、貴重な資料としてチラシ作品のストックを続ける所存ですので、もしご不快でなければ今後とも送付いただけますよう、あらためてお願い申しあげます。
 2013年10月16日 らてるね賞主宰:伏島信治

a0248862_093378.jpg
a0248862_0101817.jpg
a0248862_0112528.jpg
a0248862_012739.jpg
a0248862_0124866.jpg

# by waimo-dada | 2013-07-09 00:15 | 北海道演劇宣伝美術大賞

いつもラジオから風が吹いていた

 深夜、そっとラジオの音に耳を傾ける。
 むかし、ラジオが家庭の真ん中にあったときの名残である。ひとりきりの書斎にいても大きな音にはしたくない。
 真空管時代の大きな木箱のラジオは家族全員の情報プラットホームであった。日々のニュースから落語、講談、演歌、アメリカンソング、クラシック、ドラマまで、家庭の耳を満たす黄金の箱であった。
 それがトランジスターラジオになった。戦後の文明的爆発はこのトランジスターラジオの出現によるとわたしはいまもそう信じている。ラジオがいっぺんに小型になり、個人のものとなった。初めて自分のラジオを所有したときの興奮を微熱のようにいまも覚えている。世界がいっぺんにそこに来た。ソニーが世界で初めて制作したトランジスターラジオは、さあこれから本格的に生きていくからねという戦後ニッポンの熱い想いと接吻した。性能上は大した変化はないのに、幸せなラジオと人の関係が生まれた。

 ソフト面の変化も大きかった。「S盤アワー」という人気番組がいろいろな音楽の流行を教えてくれた。といっても、そのほとんどはアメリカ音楽だった。青少年の耳を通して体に入ってくる文化はほとんどアメリカ産。ちょうど、口を通して入ってくる学校給食の脱脂粉ミルクがアメリカ産の豚の餌だったように。
 選択の余地はなかった。漢学の素養もなければ日本古来の文芸諸般のたしなみもない戦後の国産青少年の余暇にささりこんだほぼ99%アメリカ産のポピュラーミュージックが、わたしたちのラジオ的身体を規定した。それはしかし楽しいことだった。伝統的な文化規範から遠く孤独な無個性を生きていた青少年たちにとって、アメリカ音楽はわかりやすく、乗っていける現代文明の軽車両、自転車のようなものだった。

 ラジオドラマをよく聴いた。「笛吹童子」(NHK、1953.1〜12)と「赤胴鈴之助」(ラジオ東京、1957.1〜1959.2)が人気だった。婦女子に大人気だったのは「君の名は」(NHK、1952.4〜1954.4)。放送の時間帯は銭湯の女風呂ががら空きになったという伝説が生まれた。
 テレビ放送が始まったのが1953年2月だから、わたしたちがラジオの前に集まっていた時代と重なる。当時、テレビは、電球や電気アイロンを売っている電器屋さんの店先で見るものだった。一般の家庭がテレビの時代を迎えるにはお金と時間が必要だった。
 それからしばらくして長いテレビの時代に突入したが、テレビはいま首長竜のように肥大化して衰退した。見るに値する番組はあるのだがインターネットを含む巨大な情報の海のなかで希釈されてしまい、存在が薄い。ではラジオはどうかというと、少数派を続けるなかで生きていく体と道を見つけ、絶滅危惧種にならなかった。なにより大喰らいでないのがよかった。
 聴く側も大喰らいではなかった。家族の人数は多いが所帯が小さい。いつも始末にしていた。

 仕事をしながら勉強をしながら、うたた寝をしながらラジオを聞く。いいなと思う音楽があったらすぐにラジオ局のホームページから楽曲を確かめてネットで調べる。そのままネットで簡単に購入することもできる。
 便利な時代になったからラジオが生きているという面もある。メールのメーリングリストやフェイスブックで、知人がラジオに出演するという情報が流される。聴き逃すまい、と録音の準備を始める・・・。
 で、ここからはわたしの抱える個人的問題。
 わたしが所有するラジオではテレビのように簡単に録音予約をすることができない。放送される日の時間と局しか指定できない。それがまた大変にむずかしい。操作が何手順もあって、10秒以内にキーを操作して選択しないと前に進まない。わが国の優秀な技術者がなぜ年寄りいじめの機械とプログラムを開発したのか、わたしの疑問は晴れぬままである。音はいいので買い替えるという選択肢はない。すぐれた音響メーカーが手がけた真面目でへたくそなCD・MDラジオ。まもなく骨董品として値がつくはずだ。

 たまにラジオドラマを聴く。傑作に出会えたときの喜びは大きい。NHKのFMシアターで2009年12月に放送された倉本聰さんの「マロース」のような傑作にまた会いたいなあ。
 人生は日々凸凹。録音できたり、できなかったり・・・。
 ラジオな日々がまた爽やかな夏を迎えた。
a0248862_14433126.jpg
a0248862_153334100.jpg

# by waimo-dada | 2013-06-24 14:57 | ラジオな日々