N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カレル・チャペックのお芝居を観にいこう

 観る前に読み直すか、観に行けそうもないから本でも読むか・・・。

 札幌座が11/29〜12/2、新札幌のサンピアザ劇場でカレル・チャペック原作「ロッサム万能ロボット会社」を上演します。どんな芝居にして魅せてくれるか、いま多くの市民の注目を集めています。
 というのも、国がいよいよ「特定国民ロボトミー保護法案」を国会に上程しようとしているからです。
 芝居を観に行けるかどうか長患いでちょっとビミューなわたしは、とりあえず栗栖茜訳の『カレル・チャペック戯曲集Ⅰ』を図書館で借りました。

 そして、それとこれとはまったく脈絡ない話ですが、新聞の書評で知った赤坂憲雄さんの新作『北のはやり歌』を本屋さんに注文しました。北方系住民としては見逃せない本ですので。

 で、新聞記事の切り抜きと図書館で借りたチャペックの戯曲集がたまたまお近づきになると、あれまあになりました。
 「孫が読む漱石」の新聞記事と本の表紙をご覧ください。
 イラストレーションの作者は和田誠さん(1936年4月生まれ)です。
 いつまでも現役でよいお仕事を、と祈らずにはいられません。

 ついでながら今日はエゾモモンガが事務所の窓に初登場。
 こないだ冬支度を終えたばかりのエゾリスの巣を横取りせんとうかがっています。
 わかります?
 とてもよくできた保護色なので、自然のなかで眼球をしっかり作動できない人は見すごします。
 いつも忙しく眼がばたつかせている人は、窓の外をそっと見やることなどないでしょうけど。

 健常者のみなさま。モモンガはともかく、よいお芝居はお見逃しなさいませんよう。
a0248862_10553479.jpg
a0248862_10555529.jpg

by waimo-dada | 2013-11-19 10:56 | アートな日々

桜木紫乃さんの釧路と東京

 2013年上半期の直木賞を受賞してブレークした桜木紫乃さんのお話がおもしろい。
 たいそうな評判をとった9月5日の道新ホールでの講演は聴き逃したが、11月16日の毎日新聞「特集ワイド〜近藤勝重の世相を見る 作家桜木紫乃さん」はいまのところ新聞社のサイトに掲載されていて、全文を読むことができる。
 http://mainichi.jp/feature/wide/

 このなかで紫乃さんはふるさと釧路の街灯が「ただ照らし続けている」シャッター通りについて、「美しいと思うのは、私が昔の風景を実際に見ているからです。ふるさとは記憶の降り積もった場所。自分の記憶のふたをあける場所でしょうか。」と話す。
 そんな土地から見た東京の街はどうかと訊かれて。
 「人より走るのが速いとか、頭がいいとか、人より優れたものを持っていないと出て行けない場所。闘う武器が何か一ついる場所。疲れますね。」
 「何でも手に入る。(中略)でも、望んだようには働けない。同じような気持ちで地方から出てきている人、いっぱいいるんだろうな」

 のどがつまるような話だった。
 時代は何を変え、何を変えないでいるのか。
 人には歩くことでしか自分を立てられない夜がある。
 今夜も外灯がひとつ、彼、彼女の背中をぼんやりと照らしている。
 釧路で、東京で、札幌で。

 釧路でも東京でもない札幌に生きるってどんなことなんだろうと考えた。
 まあ合の子のようなところです、というわけにはいかない。きっと、人の数だけ答がある。
 わたしがいま自分について言えること。それは北海道の札幌に生きた、ということ。
 家族と暮らす街、札幌。足を広げて働き、遊んだ土地、北海道。
 武器はいらなかったが、何かひそかなものをひとつくらい持っていたかもしれない。
a0248862_10461796.jpg

by waimo-dada | 2013-11-19 10:47 | アートな日々

エゾリスは働き、ヒトは湯浴みする

 わたしの自宅の事務室はこの先、在宅療養の場になる可能性があります。
 事務室の西の窓はサワシバ、オニグルミ、イタヤカエデ、ミズナラ、ハリギリなどの高木広葉樹が卓越する藻岩原生林のつづきです。

 今日、この林に住んでいるエゾリスのM君がせっせと巣に小枝を運び入れました。まあ、けっこうな数です。寒気が入る前にヤチダモの洞のなかにエゾリス流の小屋掛けをしたのでありましょう。
 それをじっと見ていた家人Bとわたしは、なんだか自分たちもいっしょに働いていたような気分になり、午後は温泉にでも行きましょうか、ということになりました。

 連休明けの定山渓のホテル山水は思ったとおり静かで、ゆったりと湯浴みを楽しめました。
 帰りに古川さんの軒先で温泉まんじゅうを買い、ホテル鹿の湯裏の懐かしい保養所、たくぎん栖霞(せいか)荘(1988年竣工)の前に車を進めてもらうと、北洋銀行の寮になっていました。
 この保養所の設計を担当した石本建築事務所のS木さんに南茅部町の温泉施設の設計を頼んだことがあります。実直でかざらない栖霞荘に好感を持ってどなたのお仕事かと調べてたどりついた方がS木さんでした。そして、彼に担当していただいた建物が南かやべ健康村ひろめ荘(1995年竣工)、今のホテル函館ひろめ荘です。わたしが勤めていた拓銀グループの調査会社が南茅部町から公的宿泊施設の市場調査と基本計画を受注した縁で、建築設計を石本建築事務所のS木さんに斡旋したのです。
 旧栖霞荘とひろめ荘は、わたしのなかでは姉妹関係の施設となりました。

 時代を経て生き残っている温泉施設を見ると、それ相応の理由と背景があるようです。
 たいがいが小振りで実直で、余計なものがありません。
 オーナーが替わっても使われ続ける、そんな施設が、どうかこの先の時代にもありますように。
 そして、わたしたちがいなくなったあとも、M君たちの暮らす林がずっとありますように。
a0248862_185237100.jpg

a0248862_18531135.jpg
a0248862_18534763.jpg
a0248862_18541145.jpg
a0248862_18543257.jpg

by waimo-dada | 2013-11-05 18:56 | ライフスタイル