N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「そのうち」はあしたに消える

 後悔することの多い人生でなんども同じ後悔をしたことがある。「ま、そのうちに」と言って、歩きながら物事を鞄のなかに放り込む。「そのうちに」という言葉は生まれつき怠惰な人間にはとても便利で、したいこともしたくないこともとりあえず先送りするときに使う。今日も明日も忙しいし、お金もないから「そのうちに」。あいさつ代わりにも使える、とても便利な日本語です。
 「一度、どうですか」「はい、そのうちに」
 なにもかもを軽くやりすごしてその日を暮らす。
 ある日とつぜん、後悔が黒い天使となって我が身を襲う。
 人生はそれをくりかえす。

 むかし北海道拓殖銀行が元気だったころ、拓銀グループの調査研究機関だった勤務先の東京事務所が拓銀築地支店のなかにあった。築地支店へは歌舞伎座の前を通っていく。ヒマができたらそのうち歌舞伎座に寄ってみようと、いつものように仕事でいっぱいの鞄のなかに「そのうち」を放り込んでいた。そうして、たくさんのそのうちが鞄の底に折り重なって沈んで化石になろうとするとき、拓銀がつぶれた。勤務先の親会社の銀行が消えてなくなった。1997年11月17日のことである。そこで少し目が覚めた。そうか、人や店だけでなく勤める会社がなくなるときがあるのだ。そのうちにと思ったらまず立ち止まろう。したいことに忠実になろう。気になったことは、まず始めてみよう。お出かけ好きな血を受け継いだわたしだ。そのうちにではなく、いま出かけてみよう。

 隅田川の平成中村座を訪れたのにはそんなこともあった。
 旅に出ようと、とつぜん家人に宣言して旅行計画を始めるのはいつものこと。どこでもいいから地図帳をパッと拡げてごらん。そこに行こう。それが伊豆箱根だった。よし、箱根の湯に遊んで帰りは東京で芝居見物だ。そんな軽いノリで当時気になっていた平成中村座を旅に組み入れた。2001年の秋の終わりである。
 大正解だった。演目は「義経千本桜」、中村勘九郎(当時)初役の知盛だった。
 しかし、平成中村座そのものの旅がとつぜん閉じる。この先もずっといると信じて疑わなかった当主が消えていなくなった。2012年の冬の初め、中村勘三郎はこつ然と世を去る。享年57。よもやこの若さで骨となって小屋のあった隅田公園に帰り、祭り囃子で迎えられるとは、だれひとり思わなかった。
 勘三郎さんが亡くなる前の年、わたしと家族は新橋演舞場の三月大歌舞伎で六代目中村歌衛右門の追善狂言「枷羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」を観ていた。そのとき栄御前を演じていた中村芝翫(しかん)さんが同じ年の10月に亡くなる。勘三郎さんの岳父である。

 勘三郎さんが新しい歌舞伎座の舞台に立つことをどれほど望んでいたか。みんなが待っていたことか。もうかなわない。
 お葬式の帰りにテレビ局のマイクに問われた内田裕也はこう返した。
 「おれよりロックンローラーだった」
 名言だ。いつも新鮮で、よく働く扇の要に中村勘三郎がいた。
 勘三郎さんの友、串田和美さんは今なにを思っているのだろう。わたしはそれを知りたい。

 2013年4月の歌舞伎座の幕開きでは坂田藤十郎がお祝いの「鶴寿千歳」を踊り、5月には枷羅先代萩の政岡を演じるという。わたしは2008年3月に藤十郎さんが喜寿の記念で踊った「娘道成寺」に圧倒されたことがある。軽々とつややかに舞う。歌舞伎座の高い3階席から観ていると、まるで舞台に大きな花が一輪咲いて舞っているようだった。今もとてもお元気だが、新しい歌舞伎座でもう一度娘道成寺の舞いを観たい。
 その日暮らしのそのうちに、わたしがなにかの拍子でいなくなる前に。
by waimo-dada | 2013-01-31 22:54 | アートな日々

2012年北海道演劇宣伝美術大賞(らてるね賞)決まる

 第1回の北海道演劇宣伝美術大賞の選考会を12月22日(土)午後、札幌市内のシアターZOOで開催した。2012年に道内で制作発表された演劇のチラシ(フライヤー)のうち収集することができた148点を対象に選考した結果、大賞1作品と優秀賞2作品を次のとおり決定した(敬称略)。
◎大賞:教文13丁目笑劇場「キネマの怪人」宣伝美術:長尾修治(札幌大同印刷株式会社)(3月3・4日上演、札幌市教育文化会館)
◎優秀賞:劇団亜魂(アジアンハーツ)「それじゃバイバイ」宣伝美術:温水沙知(ぬくみさち) (2月17〜19日上演、レッドベリースタジオ)
◎優秀賞:演劇ユニット イレブン☆ナイン「サクラダファミリー」宣伝美術:小島達子、宣伝美術撮影:奥山奈々、星野麻美 (11月7〜9日上演、札幌市教育文化会館)
 
a0248862_23444656.jpg


〈北海道演劇宣伝美術大賞とは〉
 演劇を下支えする宣伝美術の担い手を励まし、小さな灯り(ラテルネ、ランタン)で照らすささやかな個人賞。大賞1作品(賞金3万円)、優秀賞2作品(各1万円)。主宰伏島信治(伏島プランニングオフィス代表、平成23/24年度札幌文化芸術円卓会議委員長、元札幌国際大学教授)
 選考は、①演目の魅力を伝えているか、②美術・デザイン・構成がすぐれているか、③その他見る者に訴える力(独創性等)を有するか、という点から総合的に判断する。
 今回の選考に当たった委員(敬称略、計6名)
 磯田憲一(北海道文化財団理事長)/下村憲一(建築家)/根子俊彦 (札幌国際プラザ総務企画部長)/横山憲治(PMFを応援する会役員)/ 和田由美(亜璃西社代表取締役)/伏島信治(北海道演劇財団評議員) 

〈講評〉            
 大賞に選ばれた「キネマの怪人」は絵と活字が優れ、バランスも確かで演目をよく伝えている。裏面に企業CMを取り入れたのは工夫だが、演目の情報が詰め込みになって解説文字も小さく、老人の目にはつらくなった。
 優秀賞の「それじゃバイバイ」は色の使い方がうまく、ソフトな絵と文字のバランスもいい。裏面のコピーは冗漫でシンプルな構成の良さがやや薄れた。
 「サクラダファミリー」はうまい。おもしろい。手に取りたくなる。が、その分、最小限必要な上演情報が表面から消えた。あんばいがむずかしい。
 審査全体を通じて、演劇にかぎらず広報チラシはとかく宣伝物として消費されることが多いのに、思いと工夫をこめて制作する人々がいることを改めて感じた。じつに多様な表現があることもわかった。しかし、思いがチラシの紙内にこもり演目を十分に伝えていないケースが少なくない。未知の観客に届ける前に、仲間内の批評にとどまらない、より広い批評・点検を望みます。
 お忙しい年末に手弁当で参加された委員諸氏に厚く感謝します。(伏島)

〈大賞・優秀賞以外の入選作品(6作品)〉
・サンライズホール第294回自主企画事業「境目に降る雪」宣伝美術:いち
 のへ宏彰(3/20、あさひサンライズホール)
・演劇ユニット イレブン☆ナイン「天国への会談」宣伝美術:小島達子、宣
 伝美術撮影:奥山奈々(6/9・10、札幌市教育文化会館)
・日本劇団協議会新進演劇人育成公演「輪舞(ロンド)」宣伝美術:若林瑞
 沙(6/27〜7/2、シアターZOO)
・「札幌演劇シーズン2012-夏」宣伝美術:若林瑞沙(7/21〜8/20、コンカリ
 ーニョ、シアターZOO)
・BLOCH「イゼン、私はアンドロイドでした」フライヤー:山田マサル(9/13〜 
 15、BLOCH)
・弦巻楽団「果実」チラシデザイン:藤原柚(9/26〜28、サンピアザ劇場)

〈道外制作チラシ推薦作品 (3作品)〉
・弘前劇場「湖の秋」宣伝美術:木村正幸(4/28〜30、シアターZOO)
・青年団「月の岬」宣伝美術:太田裕子、チラシイラスト:マタキサキコ(6/8
〜30、座・高円寺ほか。道内公演なし)
・ナイスコンプレックス「ゲズントハウス〜お元気で〜」宣伝美術:川口岳
 仁、宣伝撮影:栗栖誠紀(11/1〜4、シアターZOO)

〈連絡先〉
〒064-0942 札幌市中央区伏見1丁目1−1 伏見タウンハウス F204
伏島プランニングオフィス 伏島信治(ふせじまのぶはる)
TEL/FAX (011)551-4602 MAIL:waimo-dada@nifty.com

a0248862_23453479.jpg

by waimo-dada | 2013-01-07 23:25 | 北海道演劇宣伝美術大賞