N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

ろ 「ロシアとの 路を拓いた 高田屋嘉兵衛」

*2007年4月発行の『北加伊道カルタ』を「わ」から「あ」に遡るかたちで順次ご紹介します。以下はカルタ解説文です。原文は縦書きで小学4年生以上を対象にルビを振りました。(北海道カルタをつくる会 代表 伏島信治)

 明和(めいわ)6年(1769)、淡路(あわじ)島(しま)で生まれた嘉兵衛は、回船業者として蝦夷地(えぞち)と関西を結ぶ北前(きたまえ)航路(こうろ)で活躍(かつやく)していました。寛政(かんせい)10年(1798)、幕府の役人近藤(こんどう)重蔵(じゅうぞう)が択捉島に渡(わた)り、『大日本(だいにほん)恵(え)登(と)呂府(ろふ)』と書いた木の柱を建てて択捉・国後は日本の領土(りょうど)であると宣言(せんげん)したときも、嘉兵衛は頼(たの)まれて難所(なんしょ)といわれた択捉への航路を開いています。
 しかし、嘉兵衛が択捉(えとろふ)島(とう)から海産物を積(つ)んで箱館(はこだて)(現(げん)・函館(はこだて)市)に帰る途中(とちゅう)、ロシアの軍艦(ぐんかん)に捕(と)らえられるという事件が起こります。その原(げん)因(いん)は文化(ぶんか)8年(1811)、ロシアから貿易(ぼうえき)を求めてやってきた軍艦の艦長(かんちょう)ゴロウニンを捕らえたことにあります。副艦長リコルドは、ゴロウニンの釈放(しゃくほう)を訴(うった)えましたが認(みと)められないため、人と人の交換(こうかん)をしようと考えたのでした。 
カムチャッカで一年近い抑留(よくりゅう)生活を送るうちに嘉兵衛は、イルクーツク総督(そうとく)などの信頼(しんらい)を得て日本に戻(もど)され、幕府(ばくふ)との交渉(こうしょう)の結果、ゴロウニンも釈放。函館の町を開いた嘉兵衛は、日ロの問題解決に貢献した民間外交の人でもありました。(解説担当:蛭川剛之)
a0248862_21583024.jpg
 
a0248862_2158505.jpg

by waimo-dada | 2013-12-18 21:59 | 北加伊道カルタ
<< 年寄りはもっと繰り言を言うべし わ 「輪のなかで はじけるスト... >>