N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

岩遊び、歴史探訪、船遊び

 北海道らしい夏が続きます。そうなると体とココロが夏になりたくて、小樽赤岩(あかいわ)で岩遊びをしました。大学山岳部以来の3人が登ったのは中赤岩の2ピッチ。乾いた空気のなか、きれいな海を下に見ながら全身と気力を使うと、体とココロがだんだんハイになっていきます。登っているときはもちろんですが、仲間を上で確保しているときも気が入ります。
 「ザイル張って!」
 「ザイルダウン!」
 「ザイルアップ!」
 “安全第一と心のゆくまま”をあんばいしながら昼に切り上げ、テーブル岩稜でランチ。この日の小樽の最高気温は24.1℃でした。

 快適な自然歩道を祝津に降りて「茨木家中出張(なかでばり)番屋」を見学。市民ガイドさんが親切に案内してくださいました。風格あふれるモッコがありました。
 マリーナ食堂でホタテとツブを注文してビールで乾杯。宴会1回戦は午後3時。

 ゆるゆると防波堤の先に移動して観光船に。小樽港第3ふ頭までの数十分、海を渡ります。海水に手が届くような小さな船で海を行くのです。なんということはないのにうれしくなります。いつも隣町からの小さい旅なのに、ありがとう小樽。

 札幌の宴会に時間があったので大通のビアガーデンで乾杯。宴会2回戦は午後5時。
 宴会の本番、山仲間が集まる「つる」に行けば、旧知のニセコの雪崩対策リーダーS谷さんや80歳某のエベレスト登山を現地でサポートした国際山岳医のO城さんなども現れ、ココロの夏度が高まります。と、今日の宴会は3回戦となりました。

 ただゆるゆると遊んだのに、ふかーく夏に染まりました。
 あしたも夏。何して遊びましょう。
a0248862_12113335.jpg
a0248862_12115994.jpg
a0248862_12123618.jpg
a0248862_1213264.jpg
a0248862_12132531.jpg
a0248862_1214083.jpg
a0248862_12141925.jpg

by waimo-dada | 2013-07-20 23:06 | 山と旅
<< たまには爽快なドライブで夏のア... 東京は歩けば神社 >>