N爺の藻岩山麓通信


札幌・藻岩山麓を基地に旅するN爺のブログです(写真は原始ヶ原から富良野岳)
by waimo-dada

座りきり老人

 春4月になったが仕事がない。
 依頼者が現れない探偵事務所なら少しは絵になるだろうし、依頼者かどうかわからない美女が突然現れてドラマのひとつも始まるだろうに。
 依頼者が現れるコツのようなものを聞きに出かけようか。夜になったら、ススキノのバーにいる作家の東直己さんに。最近は映画がヒットして機嫌もいいだろうから。

 商売替えすることも考えなければならない。
 まちづくりのプランナーです、よろず評論します、なんて言ったってこのご時世、注文があるはずがない。
 ヒマなので考えに考えた。
 そうだ、老人問題の専門家になろう!
 まじめな専門家はたくさんいるのでそうでない専門家。まじめな専門家に相手にされない問題を密かに抱えている老人に耳を傾ける。そんな超専門家になって御神酒の一本もいただける身分になる。

 まずは相手の立場、立ち位置でどんな問題があるのかシュミレートしてみよう。
 たとえば。
 寝たきり老人は山のようにいるだろうが、もしかしたらこんな老人はいないだろうか。“座りきり老人”
 あんまり居心地がいいので再起不能になるのではないかと本気で心配している人が、世の中にいる。うん、絶対いる。

 早速、定年退職者のその後の暮らしを想像してデッサン。事務所のなかに再現して隣室のテディベアに頼んで体験してもらった。
 よさそう。
 次に、自分自身で体験した。
 とてもいい。けど、こわい。
 家族割の携帯電話で家人に連絡すれば淹れたてのコーヒーがやってくる。タダで(見かけは)。
 本を読んで眠くなったら椅子の前の毛布をたぐりよせればいい。
 ほんとうに座りきり老人になりそう。そのうちに根も生えて。
a0248862_21371596.jpg

 急いで立ち上がり、近くの伏見稲荷までジョキングして願掛けをした。
 「どうか、座りきり老人になりませんように」

 家に戻って、カビが生えているかもしれないレコードを取り出した。学生時代にバイトして買った、今から50年前に録音されたバッハの「音楽の捧げもの」。30年以上使っている湿式クリーナーで拭いたら、きれいに鳴った。アルヒーフの輸入盤です(高かった)。
a0248862_21382542.jpg

 人も物も座りきりになって、カビが生え、忘れられていく。
 そんなことになってはいけない。
 座りきり老人になるかもと心配している人に、さ、書を捨てて山に行こう、妻も子も捨てて旅に出よう、と声をかけよう。

 春4月、わたしの人生が変わる、か。
by waimo-dada | 2013-04-06 21:39 | 仕事の周辺
<< 春が来て本が来た ウソたちよ、旅に出なさい! >>